--.--.-- (--)
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | | Page Top | Edit --- 
 2015.04.12 (Sun)
  都県境を歩いた覚書。
150405_151625.jpg
稲城市と川崎市の境を歩いてきました。
マンホールもこうして並んでいました。

150405_141956.jpg
ここは東京側。
神奈川側は藪。
静かな住宅地だけど坂がすごい。

150405_141143.jpg
ここも都県境。
右が東京、左は神奈川。

150405_141425.jpg

150405_141623.jpg

150405_141751.jpg

150405_153056.jpg
尾根を歩いて行きます。
基本的に山道。
右は東京、左は神奈川。

150405_143702.jpg
尾根なので、鉄塔など。
こちらは東京側。
神奈川側は山の斜面、景色が良かったです。

150405_144242.jpg
神奈川側は山。

150405_152901.jpg
尾根から下りて、また登る。。。

150405_153303.jpg
東京側はどんどん造成地。
この反対側、神奈川は落ち着いた住宅地。
尾根を境にまったく風景が違います。

150405_172728.jpg
ゴールは山の上で。
オレンジの住宅密集。
スポンサーサイト
おでかけ・イベント | 18:00 | Comments(2) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
 2013.05.05 (Sun)
  二子玉川公園。
二子玉川公園
2013年4月。
二子玉川に、二子玉川公園が一部オープンしました。
全てオープンすると全面積6.6ha。
今回は約半分がオープンしたとのこと。

二子玉川公園案内図

案内図を見ると半分くらいオープン。

二子玉川公園

富士見台(現在閉鎖中)という古墳のようなものもあってなかなかの眺望でした。

二子玉川公園

多摩堤通りの上を渡り、直接多摩川へアクセスできるという作りのため、高低差が結構あります。
遠くのもこもこした木々が、国分寺崖線です。

二子玉川公園

樹木もまだまだ小さくて、出来たてほやほや感。
芝生の広場もまだ養生中で入れませんでした。
そこここにベンチはあるので、お弁当くらいは食べられるかな。

かくれるところがないので夏はきびしそうですが、夏にはスタバがオープンするらしいです。

二子玉川公園

公園の中央には「帰心園」という日本庭園が造られています。
こちらも出来たてほやほや感。
多摩川や富士山、国分寺崖線を縮景で楽しむように設計されているとのことです。

旧清水邸書院より庭を眺めます。
この池が多摩川を表しているそうです。

二子玉川公園

お茶会なども開かれる予定とのことでした。

二子玉川公園

庭には滝も。
石も新しいです。

二子玉川公園

【おまけ】
意図的なのか、なぜか、二子玉川園の文字。

二子玉川園

おでかけ・イベント | 19:00 | Comments(2) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
 2012.11.12 (Mon)
  下河原線跡。
下河原鉄道終点

国鉄の下河原線という廃線を歩いてきました。
国分寺駅から競馬場とか中河原あたりまで走っていた路線です。

ここは終点の下河原。
おでかけ・イベント | 20:02 | Comments(8) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
 2012.11.11 (Sun)
  透明な川。
合流地点

流れる水のほとんどが湧水だという落合川近辺を見てきました。



東久留米駅を降りると、自分は観光客であることがわかります。
まずは地図と看板探しから・・・。

駅前看板

案内板を見つけて、盛り上がってきます。

西武バス

後のりの西武バス。
大きく書いてあれば迷うことはありません。

この先で、朝から湧水に闘魂こめていたみなさんと落合うことができました。

午前中から見てきた湧水がどんなに素晴しかったかという話を聞きつつ、ちょと悔しがりつつ、てくてくと行くと・・・。

透明な流れ

いきなりですが、川です!

思っていた以上にきれいな川。
柿田川を思いだすような、透明な水と、ゆらゆらのびる水草・・・。

水辺へのアプローチも柵などはなく、なだらかです。
しんとして、水の音だけ聞こえるような、おだやかな場所。

採取欲も湧いてきます。
大好きなホトケドジョウが多く生息しているとのことです。

のんびり畑

川の流れを追い、あたたかな畑を眺めて歩きます。
実はすでにこの辺で、自分のいる場所がわかっていません。

直売所では農産物の調査を。
果樹園は少ないですね。

竹林

竹林の横で湧く流れ。
11月でも湧く蚊の猛追を逃れて・・・。

カエルと流れ

カタ目の護岸。
カエルの置物の脇を、透明に流れていく川。

コサギと流れ

コサギの脇の傾斜でざわざわと波立つ川。
カモ類も豊富で、おなじみのカルガモをはじめ、オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ、アヒルなど。
コサギまでがみんな餌付けされている様子で、人を見かけると期待した目を向けるのが印象的。

自由学園

自由学園のところを流れる立野川。
信じられないほど、のどかな景色です。

水量多し

水量の多い、水草の影。


(唐突に記憶も川も写真もつながっていないことに気づく)


ご案内いただきありがとうございました。
楽しいみなさま。



おでかけ・イベント | 18:00 | Comments(2) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
 2012.09.23 (Sun)
  逆川の側壁。
六郷用水の支流『逆川』側壁の見学会があるということでちょと見に行ってきました。
旧逆川道路と呼ばれる道での電線地中化工事に伴い、40年ぶりに掘り起こされたそうです。
埋め戻したら二度と見る事はないだろうという・・・。

二度と見られない、という切ない響きに誘われて、場所は蒲田駅。
緑道だったところが、樹も全て取り払われた状態になっています。

にぎやかしの造花の色が鮮やか。
この場所に逆川が流れていたのですね。
120920_rokugo16.jpg

蒲田橋、昭和5年6月完成。
120920_rokugo01.jpg

1970年頃に川が埋められた際に移動されたのか、変な形で残されています。
蒲田橋、の文字は工事用の看板にかくれて見えません。
120920_rokugo02.jpg

さて、見学会。
工事や区の関係者の姿が目立つ中、見学者には川の保存活動などをされている方も多い様子。
配布された資料には、六郷用水の会、吞川の会。

近隣の小学生も来ていたため、けっこうな大人数でした。
(翌日の新聞等によれば小学生72名も含めて240名。)
新道路の完成予想模型などを見ながら、六郷用水のこと、逆川やその未来についてのお話を聞きます。

自分も小学生のころ、学校でこの六郷用水上流の「丸子川」の勉強をしました。
六郷用水、丸子川、そして次太夫掘…いろいろな名前が付いていたっけ???
当時は近所の小さい川としか思っていなかったし、どこに流れようと埋められようと気にもしてなかった。

見学の子どもたちも、おそらくそんな感じだろうと思うけれど、日陰もないところなのに汗だくになって静かに話を聞いている姿は印象的。
暑かったけれどみんな元気で帰ったかな?
感想文を書いているかな?
みんなどう思っていたんだろう。
120920_rokugo04.jpg

あいにくというのか、さいわいというのか、当日は良く晴れたとても暑い日。
待ち時間の暑くめまいのしそうな中、これから埋設されるケーブルの入るマンホールを見せてもらいます。
マンホール開ける
マンホールの中

ロープを張って洗濯物のように、貴重な資料写真がずら~っとぶら下げられています。
1枚1枚、「写真の写真」を撮って帰った方も多いでしょう。
120920_rokugo13.jpg

これは松竹橋。
120920_rokugo05.jpg

工事の際に引っこ抜かれたコアも展示。
120920_rokugo12.jpg

そうこうしているうちに順番が来ました。
安全のためにヘルメット着用というものものしい雰囲気でしたが、覗き込むだけです。

斜めの方が側壁の外側、垂直な方が内側とのことでした。
120920_rokugo08.jpg

高さは2m。
土管が2本…穴があいているのが見えます。
上部がボロボロなのは、削って埋めたからかな?

40年間も掘り起こされなかったとは思えないほどのきれいさです。
さすがに洗ったのかな。
120920_rokugo14.jpg

蒲田の街でもいろいろなことがあっただろうに、じいっと埋まっていたと思うとなんか感慨深い。
自分に近いからか。
120920_rokugo15.jpg

六郷用水はものすごく身近な川なのに、知らないことばかりです。
現地でご一緒したリバーサイドさんにも説明できず、なんとも情けない(>_<)
も少し勉強しよう、も少し勉強しよう…。
おでかけ・イベント | 14:35 | Comments(2) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。