--.--.-- (--)
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | | Page Top | Edit --- 
 2012.06.09 (Sat)
  取り壊し、屋根のあと。
取り壊し

ここのところ、過去の写真発掘をしています。

これは2007年の写真です。
曲がった樋、窓枠。
取り壊された手前のお宅の屋根のあと。

今はどうなってるかなとストリートビューで確認してみたところ・・・
柵ができていたものの、まだ何も建ってないんですよね。
(2009/11撮影らしい)

この時は、となりのとなりのとなりの、
竹仙さんという江戸あられの古ーいお店に行ってみたのでした。

ずら~っと並んだあられの数々は、外から見ても、
店内も、もちろん食べても本当にステキなお店でした。


大きな地図で見る
関連記事
路上・建物 | 15:00 | Comments(2) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
<<光る消防士、和光市消火栓。 | Home | タイル張りの水道。>>
 この記事へのコメント

そのあられのお店の、包み紙は、一枚一枚手で刷られた紙なんだ、と聞いて、包み紙めあてで買いに行ったことがあります。(たぶん同じ店ですよね。)ぬくもりを感じる、いい紙でした。

わたしにしては珍しい、食べ物以外を目当てにした訪問でした・・・。
2012.06.11 12:26| | nama [ 編集] | Page Top ---

■namaさんも行かれましたかー。
包み紙がそんなにいいものだったんですね…。
知らなかったです…。
紙好きとしてはショック!
手土産にしちゃったので、きっと捨てられた~(T_T)
2012.06.11 20:48| | Bake [ 編集] | Page Top ---
 コメントの投稿
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。



(アドレスは表示されません)








管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
※記事と関係のないTBは削除することがあります。ご了承下さい。

トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。