--.--.-- (--)
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | | Page Top | Edit --- 
 2004.11.05 (Fri)
  冬季限定・水ようかん
水ようかん
冬季限定』水ようかんです。


福井県在住の知人より、「なまもの」が届きました。
中身はこの、冬季限定の「福井名物 久保田の水ようかん」でした。

福井県では、水ようかんは“冬に食べるもの”なのだとか。
黒砂糖の入った、あっさりさっぱりとした水ようかんです。
しかも、箱サイズの四角のものを、さじで分けていただきます。

※ご注意 : 暖房された部屋には絶対に置かないでください。

無添加食品なので日持ちしないんだそうです。
なるほど、確かに夏には食べられなさそうです。
関連記事
おかし・おやつ | 22:32 | Comments(7) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
<<クリスマス吊りー | Home | ランドマークとしての富士山>>
 この記事へのコメント
タイトルなし
水ようかんといえば夏ってイメージですが、冬季限定モノなんてあるんですねー。初めて知りました。
 僕も羊羹はあまり得意ではないでのですが、時々食べるのは、京都の老舗「」の水羊羹。細い竹に入っていて、あっさりした甘みとつるっとした喉越しが好きです。でも・・・一回に1本で十分ですけど。(^^;
 トラッドな羊羹だと、1cm厚のが一切れでダウン。タクアン丸ごとかじりたくなります。
2004.11.06 00:00| | 風来 [ 編集] | Page Top ---
タイトルなし
しまった、店の名前書き忘れた。。。
「鍵善」です。(^^;
2004.11.06 00:00| | 風来 [ 編集] | Page Top ---
タイトルなし
■風来さんも初耳派ですねー(^^)/
「鍵善」さんの水ようかんですか、メモメモ。
(調べたら、くずきりで有名なのですね。)
竹の筒に入ってるようかん、風情があっていいなぁと
思いつつも、一度も手を出したことがないですね~。
あれってにょろっと吸い込んで食べたりするもの…
ではないですよね?(^^;)
2004.11.07 11:44| | Bake [ 編集] | Page Top ---
タイトルなし
一応、器に出して食べるのが正しい食べ方なんだと思います。
でも、僕は不精者なのでよく「にょろっ」と食べたりしています(^^;
1970.01.01 09:00| | 風来 [ 編集] | Page Top ---
タイトルなし
■風来さん、やっぱり器に出すんですよね…(^^;)
にょろでも食べられるんですね。
もっと細い竹に入れてちゅうちゅう食べたらいいかもと
ちょっと考えてたんですけども(^^)
2004.11.09 01:38| | Bake [ 編集] | Page Top ---
タイトルなし
あぁぁ、もうそんな季節だなぁ・・って感じですよ。
私は子供の頃からお正月のおやつはみかんと水羊羹でした。暖かおこたに水羊羹って最高!!
・・・という私も羊羹の甘さは苦手ですが・・・少しだけね。
お正月に水羊羹って当たり前かと思っていたけど違うんだね。
2004.11.12 04:15| | mama [ 編集] | Page Top ---
タイトルなし
■mamaさん、貴重なコメントをありがとうございます。
お正月に水ようかんですか…。
やっぱり冬なんですね、不思議!
東京人の私の感覚では、水ようかんは絶対夏のもの…(^^)
2004.11.12 07:10| | Bake [ 編集] | Page Top ---
 コメントの投稿
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。



(アドレスは表示されません)








管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
※記事と関係のないTBは削除することがあります。ご了承下さい。

トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。