--.--.-- (--)
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | | Page Top | Edit --- 
 2005.11.08 (Tue)
  これは何の跡。
google_kawa.jpg

GoogleEarthで河原に円弧を発見。

そう遠くもない場所だったので、早速見に行きました。
場所は、googlemapsではこの辺

正体はこれでした。
051108_gogan01.jpg

握りこぶし大の石をコンクリ寄せにした感じです。
一部はコンクリに石が刺さったような加工になっています。
後から修復した感じがします。

遠くを見ると、このようにぐいーっと曲がっている。
051108_gogan02.jpg

護岸かなんかでしょうか?

ここでまた古い航空写真を見てみます。
1947年8月撮影の航空写真です。
051108_gogan03.jpg

すでにこの時代にもありました、この護岸。
全く同じものなのかはわからないのですが、ちゃんとあります。
あたりは田圃や畑のようです。

今、河原の草っぱらにバーンとあると何か不思議な雰囲気なのですが
こうして周辺が耕作地だ、とイメージするとなぜか落ち着きます。

面白いです。
関連記事
ぐるぐる・Earth | 19:27 | Comments(8) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
<<おきなあめ | Home | 高田の様子。>>
 この記事へのコメント

(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン
確かに面白い。。。
こんな河原にいきなりこんなのがあったら、『何だ?』 って思いますよねぇ.。o○
へぇ。。。
上野毛にあるんですかぁ。。。

2005.11.08 23:20| | KUMI☆ [ 編集] | Page Top ---

■KUMI☆さんこんにちは。
河原なのでこういう護岸みたいのがあってもおかしくはないんですけどね。
地図で見ると気になっちゃったりします(^^)

googlemapsの地図URL貼り間違えたみたいです。
最寄りは確かに上野毛駅なのですが…。
あれは上野毛の地図でしたね・・・ごめんなさい。
2005.11.09 15:30| | Bake [ 編集] | Page Top ---

むむう、終戦直後にはすでにあった、ってことは相当歴史が古そうですね。
しかも歴史の表舞台に一度も立ってなさそうなところにまたココロ惹かれます。

ぱっと見、なんとなく工業的な匂いがするんですが、砂利採石系の遺構かなぁ。
左のほうに見える白いのは川砂利ですよね?
2005.11.09 21:04| | 庵魚堂 [ 編集] | Page Top ---

Bakeさん、こんばんは。
上野毛駅、一度だけ降り立ったことがあります。
7年くらい前でしょうか。たしかあの頃は自動改札ではありませんでした。
改札の所に駅員さんが立っていて、切符に穴を開けるという様式でした。
東京にまだ昭和が残ってる!!と感動した記憶があります。
上野毛駅、今現在も自動改札は導入されてないのでしょうか。
パスネット開始と同時に、駅員さんも消えちゃったかな。。。
2005.11.09 23:00| | タツヤ [ 編集] | Page Top ---

■庵魚堂さんこんにちは。
ご指摘の通り、砂利・・・のようですね。白いところ。
参考とした航空写真では、絶対川崎まで徒歩で行けるくらいの砂利っ原です。

単純に、田圃を作るために高さを作って水平にしたのかも?
この石沿いに水が走ってるような風にも見えるし・・・。

色々勝手に想像して楽しんでます(^^;)
2005.11.10 11:57| | Bake [ 編集] | Page Top ---

■タツヤさん、こんにちは。
残念ながら、今は自動改札になっています。
でも、上野毛駅、かなり古い写真を見ても奇跡的に変わってないんですよ。
現在とほぼ同じ雰囲気で、写真を見た私もびっくりでした。
もちろん建てかえはしてるんでしょうけれども、つい『うわ、おんなじだ!』と言ってしまうほどかわってなかったです。

そんな町もあっという間にマンションだらけになってきています。
2005.11.10 12:08| | Bake [ 編集] | Page Top ---

ああーっ、ここって!  Σ(@o@ ワカッタ!!

航空写真にも少し写っていますが、この少し上流に、丸子川の水を多摩川に放流する水路があるんです。
白く見える砂利っ原の北のくねくねしたやつ。現地に行くとでっかい水門が建ってますよね。
で、たぶんその護岸(の跡)じゃないかなぁと思います。

丸子川は、昭和40年代まではたびたび氾濫していたそうですから、そのころまではおそらくこの護岸もかなり活躍していたのでは‥‥。
そんなわけで、終戦後の写真で護岸のすぐ内側が田んぼになっているのは一時的な食糧対策かもしれません。

いまではかなり内陸寄りになっちゃったので、護岸にしてはちょっとへなちょこそうな感じがしますね。
いや、でもこれはちょっとスゴイ発見だと思います。
2005.11.10 15:22| | 庵魚堂 [ 編集] | Page Top ---

■庵魚堂さん、大発見!
そうでしたそうでした。
何で気づかなかったんだろう。
護岸=多摩川っていう風に考えてました。

下野毛排水樋管、
http://www.tamariver.net/jouhou/tamamap/03kanri/01sigen/suimonhimon/11simonoge.htm
これ用の護岸と考えられますね!

確かにあの流れが溢れたら、河川敷の田圃は直撃です。
なんかすっきりしたので、これで眠れます(^^)
2005.11.11 10:27| | Bake [ 編集] | Page Top ---
 コメントの投稿
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。



(アドレスは表示されません)








管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
※記事と関係のないTBは削除することがあります。ご了承下さい。

トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。