--.--.-- (--)
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | | Page Top | Edit --- 
 2006.05.12 (Fri)
  すいぼう。
ヘリ

水難事故・・・!!!

・・・を想定して行われる水防演習の時期がやってきました。
昨年の様子はコチラ

メインはやっぱりヘリでの救助。
よ~く見ると救助の人が上からおりてきてます。
今年のヘリは、例年に比べ、なんかアヤシイ動きで、
旋回も急だったような気がします。

200万画素、光学3倍ズームのデジカメを駆使

実は多摩川でときおり見られる光景なのですが、
それは本当の水難事故の救助現場
かっこいい!なんて思う余裕はありません。
ヘリの音を聞きながら、無事を祈るばかり。

でも、今日は安心して見られます(^^)
ヘリ旋回かっこいい!
がんばれレスキュー!


今年は水難事故がありませんように。

関連記事
多摩川 | 11:13 | Comments(6) | Trackbacks(0) | Page Top | Edit --- 
<<ゲーム? | Home | かわいい豚。>>
 この記事へのコメント

訓練とは言え大変ですよね。
私はおととしスキーに行く途中、凍結した湖に穴を開けて訓練をしている特殊救難隊の人たちに出くわしたことがあります。
いやーマジで頭が下がりました。
2006.05.12 12:19| | yomikaki [ 編集] | Page Top ---

そろそろ水の事故の増える季節ですね。
災害レスキューの方々にインタビュウをしたことがあります。泥水に潜っていったスキューバ隊が、ゴーグルの鼻先ほんの数センチの距離で被害者の遺体とご対面する話とか‥‥。(^~^;
でも決して武勇伝ではなく、視界が悪いとそれが毎度のことなんだそうです。

ふとしたうっかりや、準備の甘さから悲惨な事故が起きたりしますが、レスキューに関わる人は本当に真剣です。命がけです。
本当にえらいなぁと思う反面、うっかり事故を起こしてしまった被害者をののしる資格も、われわれ周囲にいる人間にはないんだということを実感しました。
2006.05.12 14:30| | 庵魚堂 [ 編集] | Page Top ---
向うに見えるのは
二子玉投球?
(二個 玉 だから投球?)
2006.05.12 17:08| | さぶりな [ 編集] | Page Top ---

■yomikakiさん、こんにちは。
氷が張る季節にも、もちろん救助の機会はありますね。
寒くて手がかじかんだりするでしょうね・・・。
本当に頭が下がります。
2006.05.12 17:52| | Bake [ 編集] | Page Top ---

■庵魚堂さん、おつかれさまです。
多摩川で子供が流され、川の底で発見されたことがありました。
手にフィンをさげ、無言でうつむいて歩いて帰っていった潜水隊の方々。
その姿を想い出すと胸がつまります。
つらいことがたくさんあるだろうと思います。

ヘリは派手な登場でインパクトあるんですが・・・
シャベルで土嚢をものすごい勢いで作成し積み上げるなど、
もんのすごいワザも沢山見られましたよ(^^)
2006.05.12 18:02| | Bake [ 編集] | Page Top ---

■さぶりなさん、ぶぶーハズレです。
二子玉投球でなく、溝の口の丸井と、鳥のマークの
スーパー(なんでしたっけ)が見えます。

実はいつもは丸井マークとかはコッソリ消してたんです。
で、これから消します。
次に見たときには無いかも!
2006.05.12 18:05| | Bake [ 編集] | Page Top ---
 コメントの投稿
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。



(アドレスは表示されません)








管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
※記事と関係のないTBは削除することがあります。ご了承下さい。

トラックバックURL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。