--.--.-- (--)
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:-- | | Page Top | Edit --- 
 2006.10.30 (Mon)
  仙川を歩く。
武蔵野市

武蔵境を出発して、仙川遡上の川探検に行ってきました。

私の住む世田谷区からは想像もできない小さな仙川。
仙川

しかも水はあるのかないのか・・・?
空

住宅地を縫うように流れるすっからかんの仙川・・・。
どこを見ても水が流れている様子がありません。
遡上していっても水はないのかな?

そんな不安をちょっと抱いていたんですが、
亜細亜大学付近で急に護岸が石積にヘンシン、水辺に植物が・・・?

更に、サンヴァリエ桜堤(桜堤団地)付近で景色は一変します。
桜堤団地

草の茂る小川、イトトンボやザリガニのいる自然(風)な川に
姿を変えています。もちろん水も流れています。

この団地について、環境共生住宅ということで、詳しい説明を見つけました。
環境共生住宅推進協議会
http://www.kkj.or.jp/index.html
深さに変化を与えた川床、石や木杭を配置、野鳥が休息したり繁殖するための乱杭や植栽の配置、開放水面の確保、水質浄化施設の配置など、多様な生き物が生息できる水辺環境を確保するための工夫を見学することができた。また仙川の水源として団地内に降った雨水が利用されている。雨水は地下貯留槽に一度貯えられ、太陽エネルギーを動力源としたポンプで汲み上げられて流れの水源となっている。

流れは雨水利用だったんですね。
しかもポンプは太陽電池使用、すばらしい。

この団地の端には公園があり、池から水がざあざあ流れています。
水が

団地建てかえの際に残された木々は、かなりの高さ。
水、みどり、自然、こども、非常に幸せな雰囲気です。

でもその公園の隣はというと、
暗渠

古い商店街と木でふさいだ暗渠です。
そして水のないコンクリの川がまた続いています。
がくぜん。

せっかくの自然再生?の試みなんですが、連続性がまったくないために、
作り物っぽさが際だつ結果になってしまっていると思います。
もったいないですね。

まさぼうさんのところでは愕然とするその『つなぎ目』を
見ることが出来ます。がっくりきます(^^)

私はそんながっくりポイントでリタイヤ。
他の探検家たちは上流端までを踏破されたそうです。

いつか踏破したいです。
まずはトレーニング・・・。
関連記事
おでかけ・イベント | 09:54 | Comments(6) | Trackbacks(2) | Page Top | Edit --- 
<<公園の主。 | Home | 饅頭?>>
 この記事へのコメント

Bakeさん、ご近所話、楽しく拝見いたしました。(まさぼうさんのところも拝見しました)
お疲れさまでしたあ。
この辺り、部分的にちょこっと歩いたことはあるけど、こういう連続性・非連続性には全く気付かず、ぼんやり見てただけでした。桜堤団地の中はこんな風になっていたんですねー。建て替え前の姿を知ってるだけに…。。
最後の写真は(たぶん)Bakeさんの意図どおりのものを感じました。
2006.10.30 18:35| | kuu [ 編集] | Page Top ---

こんばんは。^^
こちらもトラックバックさせていただきました。
私は今回、築樋以外には、サンヴァリエ桜堤の自然っぽいせせらぎが気に入りましたねぇ。草なんかも結構ぼうぼう繁っちゃって、人工臭さがあまりない感じでしたよね。
また一緒に歩けること楽しみにしています。^^
お体おだいじになさってください。
2006.10.30 21:49| | うさぎねこ [ 編集] | Page Top ---

手塚治虫のマンガにありましたねえ。緑豊かな庭園が実は巧妙なつくりもので、その周辺は汚染された工業地帯、ってやつ。
実際そういう世界になっちゃったのかも‥‥。
でも、特権階級専用の閉鎖空間(マンガではそうでした)ではなく、近所の子どもがはるばるここまで遊びに来ているっぽかったりして、これはこれでとてもいい感じだなあと思いました。
“がっくりポイント”も、それはそれで楽しかったりして(^^)
2006.10.31 11:24| | 庵魚堂 [ 編集] | Page Top ---

■kuuさん、コチラの方にお住まいでしたか!
最近、団地が続々建て替えられて、きれいになってますね。
こちらは環境共生住宅とのこと。
へえーとか、ふーんとか思うところも色々でした。
2006.11.02 20:16| | Bake [ 編集] | Page Top ---

■うさぎねこさん、おつかれさまでした!
すっごい良く出来た(失礼)小川でした。
ホントにすごい草ぼうぼうで、住むには忍耐も必要?とか
思ったりしました。蚊が・・・どうなんでしょうね?
またご一緒して下さい(^^)/
2006.11.02 20:18| | Bake [ 編集] | Page Top ---

■庵魚堂さん、お疲れさまでした、ありがとうございました。
手塚治虫のそのマンガは知らないんですが、あまりに
そこだけ良く出来てると、納得いかんのです(^^;)
でも、私子供だったら遊びに来ます、絶対!!
2006.11.02 20:20| | Bake [ 編集] | Page Top ---
 コメントの投稿
※コメントがうまく入らないことがあります。
※お手数ですが確認していただけるとありがたいです。



(アドレスは表示されません)








管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
※記事と関係のないTBは削除することがあります。ご了承下さい。

トラックバックURL
今日は数人の川探検仲間たちと一緒に、仙川(※)の上流端を探しに行ってきました。 .....
 from 金魚のひとりごと(2006.10.30 21:42) 
しばらくこだわっていた仙川探検の完結編。 今回は、探検仲間数人で、あーだこーだ... .....
 from 庵魚堂日乗(2006.11.02 18:20) 
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。